ペレットストーブ Q&A

お客様から寄せられる、よくある質問にお答えします。

 

Q. 暖まるのに時間がかかるのでは?

部屋全体が暖まるまで、多少時間はかかります。タイマー機能付きの機種もございます。早朝ONになるよう設定しておけば、起床してすぐに暖まった部屋で過ごすことができます。

 

Q. 火が心配です。

ペレットストーブは、スイッチ1つでON/OFF可能。不在にする際は、すぐに消火することができます。安全装置もついており、地震の際や温度が上がりすぎた時には、自動で消火します。

 

Q. 設置場所がありません。

玄関やリビングなど1m × 1m程のスペースがあれば設置可能です。小さい部屋に1つずつではなく、広い面積に1つの設置が適しています。小さい部屋であれば、扉を開けて複数の部屋でご利用になることをオススメします。

当店スタッフが訪問させていただき、家の間取りや造りに合う機種をご紹介します。お見積もりは無料です。

 

Q. 燃料を買いに行くのが大変です。

ペレットマン最上では、ペレット30袋以上のご注文で、最上郡内無料配達しております。30袋ですと、約1か月分になります。

30袋を階段下に置くと、こんな感じです。これくらいのスペースがあれば大丈夫です。

 

Q. 燃料費はどれくらい?

お部屋の大きさなどの条件によって変わりますが、ペレット消費量は、1時間約1kgが目安です。1日10時間使用するとして、1日10kg。ペレットマン最上では、10kg 550円(税込)で販売しています。
約25畳のお部屋で、1日10時間使用して、1日550円です。

 

Q. 灯油とどっちが安いの?

住宅性能にもよりますが、灯油1ℓとペレット2kgの熱量がほぼ同等です。

灯油1ℓ:約80円 (2017年10月時点)
ペレット2kg:110円 (当店での価格です。)

現在は灯油の方が安い計算になりますが、灯油の価格は日々変動します。実際、2014年には、灯油1ℓ 110円以上でした。石油は輸入品のため中東情勢や為替変動の影響を受け、価格が不安定です。また、化石燃料は限られた資源ですが、木質燃料は再生可能な燃料です。

 

Q. 家の中に煙が入ってくるのでは?

煙突の立ち上げをしっかり取っていれば、煙が家の中に入ってくることはありません。
お子様やペットがいても、安心してお使いになれます。
また、排気は屋外へ排出されるので、定期的な換気も必要ありません。

 

Q. 手入れは大変ですか?

お手入れは必要ですが、毎日の作業は着火前の1~2分程度です。写真のように前の扉をあけて掃除します。


毎日:燃料ポットの灰処理、窓ガラスの清掃
週1:灰受けにたまった灰を捨てる
※ その他メンテナンスは、当店で承っております。

 

Q. 工事が大変ですか?

薪ストーブのような大がかりな煙突工事は不要です。煙突は床から2m弱あれば大丈夫です。設置場所に敷板をしき、煙突を設置する工事で、半日程度で終わります。工事は全て当店スタッフが行いますので、お任せ下さい。

 

Q. 設置代が高いのでは?

ストーブ本体・煙突・工事費がかかりますが、山形県から最大10万円最上町から最大20万円の補助金が出ます。補助金申請は当店スタッフが無料で代行いたしますのでご安心下さい。

ペレットストーブ「RS-4」設置費例:最上町 個人宅

ストーブ     約32万円
煙突・敷板    約16万円(※住宅条件により異なります)
工事費・諸経費  約 5万円
合計       約53万円

補助金が30万円出ますので、お客様ご負担額は、約23万円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です